repair

安価になったhdd

容量と価格

Hard disk

最近は画像データーや動画データを利用する機会が増えてきたといえます。それにともないこれらデーターを保存するための記憶装置の大容量化が急務となってきています。パソコン本体のhddは当初100メガバイト以下のものが普通であったといえます。それがいまでは数百ギガバイト程度となってきています。そして外付けhddの容量は数テラバイトのものが一般的なものとなってきています。外付けhddは容量が数テラバイトと大容量になってきています。そしてその容量あたりの単価は低下してきているのです。1テラバイトの外付けhddの価格は一万円程度になってきています。1テラバイトの外付けhddにはBS放送の高画質動画が100時間以上保存できるのです。

外付けhddの利用方法

外付けhddの大容量化と低価格化がすすみ、そのためさまざまな使い方が広がっています。例えば、最近ではビジネスの現場でも当たり前のように利用されるようになっています。以前は紙ベースで行われていた情報の管理も今では小さなhdd一つで行えるようになったため、資料を保管するスペースと管理する人員を大幅に削減することに繋がり、一石二鳥やそれ以上のメリットを得ることが可能になったのです。しかしそれに伴って、外付けhdd破損による損失も非常に大きなものとなっています。一つhddに情報が全て集約できるようになった分、そのhddが破損することに対するリスクもかなり高くなっているため、故障を感じたい際には自分でいじったりせず、すみやかに業者へ依頼するとよいでしょう。